コフラン…良いのが揃ってます

アウトドア用品は機能性や性能が重視されますが、それだけではなくアイテムとしての魅力や、楽しさも欲しいですよね。緑のパッケージでお馴染み(?)のコフラン、コスパは高いけど地味な印象がありますが、実は個性派揃いです。

カラフルなプラスチック製で、ギアとしての機能性はもちろん、キッチュなかわいさ溢れるアイテムたちです。今日はコフランのアイテムをいくつかご紹介したいと思います。

まずこちら、コフラン ソーイングキット ¥385

安い!しかもこのチープなプラスチックのケースから昭和の香りが漂います。今時なのにエンプラとかHDPEとかじゃなくてスチロール樹脂です。華奢なヒンジとか留具とか、眺めているだけで”イイ感じ”になるアイテムです。が、見た目だけではなく中身はコストを追求しつつも極めて実用的なのです。

内容品は、糸 7色x3巻、白黒ボタン各4個、安全ピン5本、まち針2本、針5本、糸通し1個、指ぬき1個、ハサミ1個、です。フィールドや旅行先などで必要になるものが一通り入っています。ウェアやギアの応急処置にはもってこいです。職場に置いておいても役に立ちそうです。

糸通しとハサミ。薄い鉄板をプレスして整形した絶妙なハサミと、裁縫セットにつきものの銀色の糸通し。ローマ兵の肖像が描かれているのは万国共通でしょうか…

そしてこの謎のスポンジ上げ底、これもまた絶妙な「良さ」が溢れていると思いませんか?その割に糸のカラーリングは21色と豊富なので、どんな色のウェア類でも対応できます。こういうアンバランスさもコフランを一押しする理由だったりします。

税込385円と安価ながらも、絶妙な見た目と機能性を併せ持つ隠れた名品だと思います。

お次はこちら、コフラン フォールディングトースター ¥825

こちらはコフランの創業アイテムです。炭火やガスストーブの上に置いてパンを焼くことができるアイテムです。炭火だと特にこんがり香ばしいパンが焼けると好評です。北米の食パンサイズなので、国内の食パンだと大きすぎることがあるようです。逆に小さなものも載せられるため、イングリッシュマフィンやスライスしたバゲットも載せられます。餅も焼けると思いますが、私は焼いたことはないです。

折りたたむとフラットになり、軽量なのでバックパックの隙間にも入れられます。キャンプサイトでの朝食はぜひこちらで。

最後にこちら、 コフラン トローウェル ¥385

関西ではスコップ、関東ではシャベルと呼ばれるようです。樹脂製の軽量なトローウェルです。キャンプサイトでは意外と穴を掘る道具が重宝します。一昔前の登山家はバックパックからこういうプラスチック製のトローウェルをぶら下げていたイメージがあります。オレンジ色で目立つため、置き忘れなどがないのも地味に重要なポイントだったりします。

最近だとチタン製や、カラーアルマイトのアルミ製が主流ですが、こういうごくごく普通の形状がやはり良いですね。60gと軽量なのもポイントです。

さて他にも個性派揃いのコフラン、機能性や性能を追求するのに疲れた時の一服の清涼剤として、はたまた高コスパな実用アイテムとして、持っているだけで楽しくなります。カイエンドー姉妹店、「どうぐや」でもオンライン販売中です!

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る